スタッドレスタイヤ交換の時期と自分でやる手順及び重要ポイント

12月の気になる事

いよいよ冬到来、路面の凍結・降雪は怖いですね!車のタイヤ交換、ノーマルタイヤからスタッドレス(スノータイヤ)にそろそろお考えではないでしょうか。タイヤ交換は自分でできます。手順さえ覚えてしまえば簡単です。彼女や家族に一目置かれる存在になるでしょう。頼りがいのある人を目指しませんか。

「スポンサーリンク」

スタッドレスタイヤ交換の時期

スタッドレスタイヤに交換するタイミングですが、地域によってバラツキはあるものの、外気温を一つの目安に考えて交換時期を決定します。外気温で最低気温が5度を下回る時、路面の凍結がいつ起きてもおかしくない状況だと思われます。こうなると急いでタイヤ交換することをおすすめいたします。

外注でお願いする場合、混雑して予約があらかじめ必要だとか言われて、待たされたことありませんか。外注であるならば、お早めに先手を打っておいた方が無難です。タイヤはけっこう重いので取り扱いが大変です。ギックリ腰にはくれぐれも注意をしてくださいね

関東では12月がひとつの目安になりますね。東北や北海道ではすでに雪が降っている情報が入ってきます。山間部ではすでにタイヤ交換が進んでいる時期にあたります。ここでのんびりしていると、ある日突然スリップ事故になってしまう恐れがあります。四輪駆動だから大丈夫だと思っていませんか?路面凍結の恐ろしさを私、身をもって経験しております。

昔は四輪駆動だから大丈夫と思っていました。しかも、タイヤはオールシーズンのタイヤです。普通の雪道ならば問題はありませんでした。残念なことに路面の凍結したカーブでは、四輪駆動といえど慣性の法則には勝てませんでした。ガードレールに車体は吸い込まれるように激突! 修理代〇〇万円也

スタッドレスタイヤだとしても、雪道や凍結した道路を走る場合、特にカーブはゆっくりとが大原則です。侮るなかれですね。

スタッドレスタイヤ交換を自分でやる手順

タイヤ交換は一度覚えてしまえば、だれでも簡単にできます。ちょっとしたコツがありますが、そこだけマスターしておけば、いざという時、大変に頼りがいのある人間になれます。ぜひマスターしましょう。大事な事【サイドブレーキは入ってますか】車がかってに動いたら危険ですね。しっかり確認してください。

① 交換タイヤの準備

【サイト内の画像はクリックで拡大します】

② タイヤ取付位置の確認

私の場合、タイヤのローテーションを考えて、タイヤの交換時には次に取り付ける位置を、ホイールの内側にマークしてあります。こうすることで、タイヤの消耗度が平均的になりますので、この方法はおすすめです。ローテーションの方法には色々ありますが、自分の場合【W】マークから位置を決めています。

車の後ろに立って、「タイヤ左後ろは、次は左前に」「タイヤ右後ろは、次は右前に」「タイヤ左前は、次は右後ろに」「タイヤ右前は、次は左後ろに」 ご参考まで。

③ タイヤジャッキ位置

ほとんどの車にはジャッキを入れる位置が定められています。取扱説明書に明記されているので、よく読んでおいてください。変なところにジャッキを入れて持ち上ると、事故になりますので注意が必要です。ジャッキが外れないよう、平らな場所で始めましょう。

④ タイヤ止めボルトを緩める

ホールキャップを外し、レンチでタイヤ止めボルトを少しだけ緩める。(足を使った方が楽です)

⑤ ジャッキで上げてタイヤを外す

タイヤと地面とのすき間はレンチの頭が入るくらいで十分です。

⑥ 準備したタイヤを仮止め

まだ、この段階ではジャッキで上げてますから、ジャッキが外れないよう注意してタイヤをはめ込みます。ボルトで軽く仮締めしますが、【ボルトは対角で締める】というのを覚えましょう。均等にボルトを締めこむコツなので、ぜひこの機会に覚えて下さい。今回は5本なので対角にはできません。そういう時は時計回りに、1つ飛ばして順番に仮止めしましょう。仮止めと言っても、ある程度は締めこんでくださいね。

⑦ ジャッキを外してボルトの増し締め

これからが、ボルト締めの本番です。【ボルトは対角で締める】を念頭にしっかり増し締めしてください。最低でも2回は同じことを繰り返す。ボルトのゆるみが無いか確認しながら作業しましょう。(足を使ってもいいですが、強く締め付けすぎるとねじ切れを起こします。適度な強さで大丈夫なので注意してください)

⑧ タイヤローテーションのマーク

次のタイヤ交換時に、取付位置をローテーションを参考に決めておきましょう。

⑨ 残りのタイヤも同じように進めましょう。

以上で完了です。お疲れさまでした。慣れれば1時間で終わりますが無理しないでゆっくりやりましょう。タイヤ意外と重いんです。腰痛持ちは姿勢に注意しながら作業してください。

 

「スポンサーリンク」

スタッドレスタイヤ交換のポイント

最後に、タイヤ交換終了後には5kmくらいの試運転、ついでにガソリンスタンドなどで空気圧のチェックをしましょう。肝心なのはこれからです。もう一度、ボルトのゆるみが無いか再度チェック。私はこれで、締め忘れを何度か経験しています。ぜひこれは実施してくださいね。

スタッドレスタイヤ交換のポイントのまとめ

1、車のサイドブレーキの確認。
2、作業の場所は平らな所。
3、取説からジャッキ位置の確認。
4、タイヤのローテーションを考慮。
5、ボルトは対角で締める。
6、姿勢に注意(腰痛予防)。
7、試運転・空気圧・増し締め。

昔はスキーが趣味で雪道は慣れたものでした。タイヤ交換もこの時の経験が生きていますね。大きなワンボックスなどはタイヤ交換の時、ジャッキが外れたら危険だなと感じたことが何度もあります。そんなときの対応策は、ジャッキで上げた時、使わないタイヤを車の下に半分くらい入れておく、これだけでも恐怖は無くなります。

スキーに行っているとき、一時期にはスタッドレスタイヤ買わずに、タイヤチェーンを使っていたことがあります。タイヤチェーンの取り付け方にもコツがあって、ジャッキを使わないで簡単にできる方法があるんですが、問題点は場所を選ぶということ。路駐すると他の車に迷惑が掛かってしまうんですね。

突然の雪にあわてないよう、早めのタイヤ交換をおすすめして終わります。

スタッドレスタイヤ交換の時期と自分でやる手順及び重要ポイントまとめ

・スタッドレスタイヤ交換の時期:外気温で最低気温が5度を下回る時

・スタッドレスタイヤ交換を自分でやる手順:タイヤ交換は一度覚えてしまえば、だれでも簡単にできます

・スタッドレスタイヤ交換のポイント:ジャッキが外れたら危険と認識しながら作業

【少しでもお役に立てれば幸いです】

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

「スポンサーリンク」

コメント

Scroll Up