GWのイベントにSLで信越本線横川駅へ碓氷峠鉄道文化むら情報

4月の気になる事

ゴールデンウィークに孫が来たらどんなイベントをしようか?車でお出かけが多いので、少し工夫して鉄道の旅もいいかな?もちろん日帰りできる内容でないと経費がかさむ。先日、安中方面に行ったときSLが走っているのが見えました。もしかしたら、乗ってみたいかも?息子の嫁はつぶやきました・・・
(ノ゚ο゚)ノ< 行ってみっか?

「スポンサーリンク」

ゴールデンウィークのイベントにSLで信越本線いいかも!

【サイト内の画像はクリックで拡大します】

信越本線は父の実家が長野にあり、軽井沢に住んでいたので良く利用していました。父が車に乗るようになってからは、電車は利用する機会は減りましたが、懐かしいですね。

ぐんまの壮大な自然の中を力強く走るSLは、JR信越本線で高崎駅から終点・横川駅へ行けば鉄道のテーマパーク「碓氷峠鉄道文化むら」へ【詳細は最後尾に!!】

信越本線の横川駅は、1997年(平成9年)10月1日:北陸新幹線の先行開業に伴い、横川駅 – 軽井沢駅間が廃止されて終着駅となってしまいました。

かなりの老朽化で修繕費が莫大な金額になってしまうため、やむなく廃止となった歴史があります。横川 – 軽井沢の間には碓氷バイパスで交通の便は良くなっています。

わたしが軽井沢に住んでいたころ、母の実家は群馬県にあり鉄道で遊びに行っていました。トンネルがやたらと多く、横川を抜けるまで窓は閉め切りだった記憶があります。

碓氷峠の途中に熊ノ平駅という駅があったのですが、子供の頃なので駅名だけは覚えていて、そこに人が下りることはありませんでした。なんで覚えているのでしょう?

碓氷峠をバスで行ったこともありましたが、こちらはカーブが多くて乗り物酔いでひどく苦しんだ記憶しかありません。やはり鉄道は楽なので、バスは一度きりで終わりでした。

横川駅から軽井沢まで行くのに、電車を連結するため、しばらく待たされます。横川駅の海抜高さは386mであって、軽井沢駅の海抜高さは939mです。この両駅の間の距離は約11kmで553mも登る必要があるからなのだそうです。

大昔はSLもここを通ていた?トンネルの数を数えたことは無いんですが、ほぼトンネルなので、さぞかし煙で大変だったのではないかと思います。

ゴールデンウィークのイベントにSLで信越本線いいかもと、思ったのは懐かしさからだったようです。

▼内部リンク:「こちらも参考にしてください」
「GWイベントに3歳子供の喜びが危険な訳とプレゼントおすすめは?」

GWイベントに3歳子供の喜びが危険な訳とプレゼントおすすめは?
3歳となった孫は、さらにパワーアップして活発に動き回るようになりました。ほんとうに子供の成長は早くて、しばらく会わないうちに大きくなりました。ことばもやっと片言ですが、少しづつ話せるようになって、コミュニケーションができるようになりました。 じいちゃんは (# ゚Д゚)< うれしい~!

 

GWのイベントで横川駅に着いたら?

GWのイベントで横川駅に着いたら、おぎのや峠の釜めしを食べる。昔から有名で親戚のおばちゃんや、おじちゃんが駅のホームで売っていました。

子供のころは、贅沢だと言われてほとんど食べさせてもらえなかった。小学校3年で群馬へ引っ越ししてからは、時々帰りのお土産に買ってもらいました。

横川駅の峠の釜めしは、再利用できるんです。器が陶器で、熱に耐えられるので、一人分のおかゆとか、病気の時にスペシャル弁当を作ってもらいました。

父は植木の鉢に利用していましたね。良くできた器で、蓋まで丈夫に作ってありました。高校生になってバイクでツーリングするようになり、自分で横川駅の峠の釜めしを購入(当時500円)

時の流れは変化をもたらします。おぎのや:横川駅の峠の釜めし(現在1080円)器も味も多少変わってきていました。すこし残念ではありましたが、美味しさはバツグンです。

お土産としてお持ち帰りも良いのですが、器を利用されないのであれば、現地で食べていただく方が、荷物にならずゴミにもならないのでおすすめです。

「スポンサーリンク」

GWのイベント碓氷峠鉄道文化むら情報

画像:碓氷峠鉄道文化むら

碓氷峠鉄道文化むら(うすいとうげてつどうぶんかむら)は、横川駅に隣接する体験型鉄道テーマパークです。

簡単なご紹介

・鉄道資料館・・・・・・・・碓氷峠の歴史・ジオラマ
・シンボル広場・・・・・・・イベント会場・園内遊覧列車「ポッポ」さん・売店
・鉄道展示館・・・・・・・・碓氷峠にゆかりの深い車両展示
・EF63運転体験コース・・実際に運転する体験(学科、実技(約1日)の講習を受講必要)
・「あぶとくん」運行コース・園内1周、約800mの2フィート(610mm)「グリーンブリーズ」号
・屋外展示場・ビュウ広場・・お弁当タイム・芝生の広場
・「ミニSL」運行コース・・1周約300mの軌道を走ります(雨天も運転)
・鉄道模型貸しレイアウト・・お持ちの車両を広いレイアウトで走行可能
・トロッコ列車ライン・・・・碓氷峠の森公園交流館「峠の湯」(およそ2.6km)

▼:碓氷峠鉄道文化むら – 碓氷峠交流記念財団

ゴールデンウィークのイベントにSLで信越本線については、カレンダーが出ていますので必ずご確認願います。乗車の際は乗車券のほかに、指定席券が必要です。

指定席券は【ご乗車日の1ヵ月前】の午前10時から主な駅のみどりの窓口等で発売します。指定席券は520円(こども260円)です。
機関車および客車は変更になる場合があります。

下記サイトを参照ください
▼:SL関連・リゾートやまどり運転カレンダー

 

GWのイベントにSLで信越本線横川駅へ碓氷峠鉄道文化むら情報 まとめ

・ゴールデンウィークのイベントにSLで信越本線いいかも!:JR信越本線で高崎駅から終点・横川駅へ行けば鉄道のテーマパーク「碓氷峠鉄道文化むら」へ

・GWのイベントで横川駅に着いたら?:おぎのや峠の釜めしを食べる

・GWのイベント碓氷峠鉄道文化むら情報:横川駅に隣接する体験型鉄道テーマパーク

【少しでもお役に立てれば幸いです】

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ
にほんブログ村

「スポンサーリンク」

コメント

Scroll Up