成人の日は事前に出席通知がくるのか?行かなくてもいいのか?

1月の気になる事

成人の日は出席しますか?  国民の祝日の一で1月の第2月曜日。おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日。1948年(昭和23)に制定され、当初1月15日に定められたが、2000年(平成12)より現行の日程となっています。


「スポンサーリンク」

成人の日は事前に出席通知がくるのか?

私の住んでいる地域では、個人宛の通知というのではなく、周知という回覧板が各家庭に来て知ることになります。詳細はホームページでいつでも確認できます。現在、平成30年の10月ですが、すでにこれらの情報は記載されていました。

平成31年×××市成人式:成人の門出を祝福します。
日時:平成31年1月13日(日曜日)12時15分受付開始、13時00分開会
会場:〇〇〇〇〇
対象(条件、資格など)
平成10年4月2日から平成11年4月1日生まれで下記該当者 (1)本市に住民登録がある人 (2)本市に住民登録がないが、本市の学校に在校していた人 (3)本市に住民登録がないが、本市内に在勤、又は在学している人
案内状:案内状の送付が必要な方は生涯学習課へご連絡ください。

地域によって問い合わせ先など、違うものと思いますので確認してみて下さい。

出席すべきか悩んでる

出席すべきか悩む方は、すでに出席する気持ちになっているのだと思います。気持に素直に向き合えば、答えは決まっていますから、行けるなら迷わず出席してください。ひさしぶりに会う友人たちの、少し大人になった顔を見てビックリ、昔話に花が咲き談笑するのはとても楽しいでしょう。近況を報告しあい、結婚して子供がいたりしてまたビックリ。考えただけでもわくわくしてきますよね。ちょっと注意してほしいのが、成人式の参加対象(条件、資格など)です。転校・引っ越し・転勤で現住所が違う場合、出席希望の地域へ確認してください。地域によっては現住所でないと出席できない場合があるそうです。また、記念品とか引換券代わりに案内状も必要な場合があるかもしれません。地域の成人式関係部署に早めの問い合わせをお願いします。私が思うには、一生に一度のイベントだから出席すべきか悩んでいるのなら、後悔しないよう出席された方がよろしいと思います。

「スポンサーリンク」

成人式に行かなくてもいいのか

成人式に行きたくない理由は何でしょうか?会いたくない方がいる、人がたくさん居る所がにがて、色々めんどくさくて行きたくない。これらの場合は、最初に成人式に行きたくないという気持ちがすでにあるので、気持を優先して行かなくてもいいと思います。私も行かない人でした。懐かしい友人に会いたい気持ちより、行きたくない気持ちの方が強かったからだと思います。30年以上も前の話になりますが、人がたくさん居る所がにがてでした。家族が自分のことを理解してくれたことも、今思うと心の負担にならず助かっていました。行きたくない理由は人それぞれ違うと思います。一生に一度のイベントだから出席すべきか悩んでいるのとは違い、出席すること自体が苦痛になっているので、行って後悔するよりは家でのんびりしていたほうのが、精神的・肉体的に楽ですから、自分を責めることはやらないよう注意ください。私の場合では行かなかったことに後悔はありません。大丈夫です、重く考えずに祝日を楽しんでください。

成人の日は事前に出席通知がくるのか?行かなくてもいいのか?のまとめ

・成人の日は事前に出席通知がくるのか:地域によって違うもので確認が必要。
・出席すべきか悩んでる:後悔しないよう出席された方がよろしいと思います。
・成人式に行かなくてもいい:大丈夫です、重く考えずに祝日を楽しんで。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

「スポンサーリンク」

コメント

Scroll Up