デコポンの旬はいつ産地と購入のおすすめ

3月の気になる事

「デコポン」・・・ごめんなさい。聞いたことがありません。最初は何かのおもちゃの名前かなと思ったのですが、どうやら食べ物らしいです。なぜこの名前を知ったのかですか?あるカレンダーの中に「デコポンの日」なるものが記載されていました。どんな食べ物なんでしょうか、産地はどこが有名なのか知りたくなりました。

「スポンサーリンク」

デコポンの旬はいつ

平成18年、「デコポン」の初出荷から15周年を迎えるのを契機に、日本園芸農業協同組合連合会が、「デコポン」が始めて市場出荷された3月1日を『デコポンの日』として制定、日本記念日協会に登録しました。そうっだたのですね。いろんな記念日ができているんですね。勉強になります。

デコポンは愛称で、不知火が品種名とのことです。ヘタのある果梗部が盛り上がっているため、見た目があまりよくなかったが、その個性的な外観とは反対に、味が濃厚で風味がよいことから、市場や消費者から高い評価を受けているそうです。

不知火(デコポン)は12月頃から出回り始め、5月頃までがシーズンですが、3月が旬になるので3月1日を『デコポンの日』として制定ようです。

ふつうのみかんと同じで、直射日光の当たらない冷暗所で保存します。状態がよければ2週間ほど日持ちしますが、なるべく1週間くらいで食べきるようにしたほうがいいそうです。冷蔵庫の野菜室で保存する場合は、ポリ袋などに入れて乾燥を防いでくださいと注意書きがありました。

酸味が強い場合は、すぐに食べずにしばらく置いておくといいそうです。まだ、食べたことがないので、イメージですが夏ミカンかな?この機会に購入してみようと思います。

デコポン旬の産地

産地を調べてみると、熊本県がトップでした。熊本県宇城市不知火町で栽培が普及。「不知火(しらぬひ)」という品種名はこの町の名前が由来なのだそうです。清見(きよみ)タンゴールと中野3号ポンカンを親にもち、果梗部にデコ(凸)が現われやすいのが特徴。

「デコポン」は熊本果実連が所有する登録商標であり、全国の柑橘関係農協県連合会を通じて出荷された不知火のうち、高品質を保つ一定の基準(糖度13度以上、酸度1度以下)をクリアしたものだけがその名を使用することができる。よって熊本県産以外の「デコポン」もあるが、生産者個人での販売や柑橘関係農協県連合会を経由しない販売についてはデコポンの名称は使用できないとありました。

全国統一糖酸品質基準を持つ日本で唯一の果物とはスゴイと思います。厳格な基準を設定しているんですね、ますます、食べてみたくなりました。普段食べているみかんとどこが違うのか、食べやすさはどうなのか、みかんのように手で皮をむくことができるのか、知りたいですよね。

これから、購入先を探してみようと思います。これから出回るそうなので今から楽しみです。産地は熊本県で商品名は「デコポン:不知火」で検索しましょう。

 

「スポンサーリンク」

デコポン旬購入のおすすめ

産地は熊本県で商品名は「デコポン:不知火」で検索すれば、通販で購入できそうです。不知火(デコポン)は12月頃から出回り始め、5月頃までがシーズンですが、3月が旬ということで、記事を書いている今(12月6日)の段階では、まだ少し早いようです。

参考になりそうなサイト

▼「くまもとの宝 うまかもん百貨店」

▼ 熊本県 デコポン 販売を見る

購入する場合は自己責任でお願いします。金額の相場など見ることは可能です。

デコポンの旬はいつ産地と購入のおすすめまとめ

・デコポンの旬はいつ:12月頃から出回り始め、5月頃までがシーズンで3月が旬

・デコポン旬の産地:熊本県がトップ

・デコポン旬購入のおすすめ:「デコポン:不知火」で検索

【少しでもお役に立てれば幸いです】

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

「スポンサーリンク」

コメント

Scroll Up