パワースポット群馬県の榛名神社入口から参道通り本殿と御姿岩

群馬県

休みができたので、夫婦で小旅行と思い立ったのが群馬県の榛名神社です。パワースポットで有名になってるらしいと、妻がどこからか仕入れてきた情報ですが、まだ、紅葉も来てないし、平日だから人出が少なくてゆっくりできそうなので、ドライブを楽しみながら行ってきました。その2


「スポンサーリンク」

パワースポットの群馬県榛名神社入口

これから入口より本殿に向かいます。神社参拝では守って欲しいルールー(作法)がありますので参考にしてください。

●神社参拝の作法

1、入口の鳥居をくぐる前に会釈をし、気持ちを引き締めてから境内に入ります。
2、入手水舎の水で心身を清めます。このことを「手水をとる」といいます。

      手水の仕方

① 右手で柄杓(ひしゃく)を持ち、水を汲んで左手にかけ左手を清めます。
② 次に柄杓を左手に持ち替えて、同じように右手を清めます。
③ 再び柄杓を右手に持ち、左の手のひらに水を受けて口をすすぎます。
④ 口をすすぎ終えたら、もう一度水を左手に流します。
⑤ 最後に水の入った柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置きます。

3、参道を通ってご神前へ進みます。
4、賽銭箱の前に立ったら会釈をし、神さまに捧げる真心のしるしとして、賽銭箱にお賽銭を入れます。5、二礼二拍手一礼の作法で拝礼し、会釈をしてから退きます。

     拝礼の仕方

① 深いお辞儀(礼)を二回繰り返します。[ 二礼 ]
② 次に両手を胸の高さで合わせ、右手を少し手前に引き、肩幅程度に両手を開いて拍手を二回打ちます。 [ 二拍手 ]
③ そのあとに両手をきちんと合わせながら心を込めて祈ります。                  ④ 両手をおろし、最後にもう一度深いお辞儀(礼)をします。[ 一礼 ]

さあ準備は出来たでしょうか?ここから本殿まで約15分かかります。坂道で階段もありますので、ゆっくり景色を眺めながら進んで下さい。

群馬県 榛名神社 参道の案内

鳥居をくぐると最初に見えるのが「隋神門」古さを感じます

隋神門を過ぎると杉林の参道が見えてきます

右手に「鞍掛岩」少しわかりずらいですが、岩の橋が見えるかな?

休憩所を通り過ぎて階段を上がった左に「三重塔」このへんで、すでに息が切れます。

「スポンサーリンク」

「塞神社」から「神橋」の赤い橋を渡ります。すると、左手に「東面堂」が見えて来ました。あと半分、もう少しです。

次に見えてきた御水屋で「手水をとる」

ここから少しきつい階段が続きます「神幸殿」「神門」「双龍殿」

いよいよです「神楽殿」が見えて来ます。きついですがあとちょっと。

群馬県 榛名神社 本殿と御姿岩

着きました。本殿です。願い事を決めたら、作法にしたがい参拝しましょう。

参拝終わったら、少し先に進み、見上げてみて下さい。大きな岩が落ちそうな状態で本殿の上に見えます。ここがパワースポットと、妻が言っていますがどうするのか分かりません?とりあえず手をかざしてパワーをいただきました。いいのかな?
帰りにおみくじを買いました。「ご神水開運おみくじ」ですが、長くなるので次回に・・・

パワースポット群馬県の榛名神社入口から参道通り本殿と御姿岩まとめ

・入口では神社参拝の作法を思い出してください、メモしておくのもいいかもしれませんね。
・参道にはたくさんの見どころがあります。入口に案内がありますから見逃さないようにしましょう。私は見逃したところが少しあってチョッピリ後悔しています。また、更新します。
・本殿では参拝前に願い事をしっかり決めて、作法にしたがって進めて下さい。御姿岩には驚くと思います。地震がきたらどうしようと一瞬考えますが、しっかりパワーをいただいてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

「スポンサーリンク」

コメント

Scroll Up